暮らしの地図

お母さんのじぶん時間を、片づけで増やしたい!ライフオーガナイザー山田りえこのブログです。

ありがとうの反対は?

こんにちは。

名古屋在住ライフオーガナイザー®︎の山田りえこです。

 

先日、父の13回忌を迎えました。

その際お寺の住職さんにしていただいたお話がとても印象的でした。

 

余談ですが、わが家ではお寺さんのことを

『おっさま』と読んでいるのですが、

それって名古屋弁なんですね(^^;

生まれも育ちも名古屋なので、

標準だと思っていた事が意外と名古屋限定な事を大人になって気づきます…

 

と、いう話はさておき、

住職さんがある問いかけをされました。

 

『ありがとうの反対言葉はなんだと思いますか?』

 

ありがとうの反対…

感謝の反対だから、、非難する?

とか思ったり。

 

何だと思いますか?

 

 

 

答えは、【あたりまえ】

 

有ることが難しいと書いて『有難う』

有って当然なのが、『あたりまえ』

 

なるほど。ですよね。

 

体調を崩して、普段元気な事をありがたいと思うのはまさにこれだなと。

 

 

私たちは、つい、もっともっとと、ないものを見て欲しがってしまう。

自分たちで幸せのハードルをあげてしまっている。

その前に、今あるもの、今の幸せに感謝する事が大切だと教えて頂きました。

 

みなさんにとって、幸せな事は何ですか?

 

父を亡くしたのは12年前、

私がまだ27の時でした。

まさか自分が20代で親を亡くすとは思ってもいなかったので、

亡くしてみて初めて、親がいるという事は

幸せなんだなと感じました。

そして、【命がある】って、

あたりまえじゃないんだなと。

 

だから、

自分も親となり、子どもたちにとってかけがえのない存在として必要とされる事。

また妻として、娘として、私の存在そのものが大切で価値があるのだと思ったら、

こうして生きているだけで、

幸せな事なんだと気づきました^^

 

【ありのままの自分を受け入れる】と、

よく言いますが、

ありのままって何だろうと、

イマイチわからなかったのですが、

きっと、良い所も悪い所もあるけれど、

それでも私は私が好き。と言える事なのかな。

 

 

すぐに怒るし、朝に弱くて、心配性で、神経質な私だけど、それでもママ大好きって言ってくれることが、ありのままの私を受け入れてくれてるという事ですよね^_^

子どもがギャーギャーやんちゃ言う時に、

私なんかは本気でイラッとするし、

ブチ切れる事もしばしば(汗)

そんな鬼の形相の私に向かって、

『ごめんなさい〜〜(涙)ママ大好き〜〜!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)』

と言える子ども。まさに無償の愛情ですよね(笑)

 

脱線しましたが…

普段あたりまえだと思っている事を見直して、

今手の中にあるたくさんの幸せに気づけるよう、1日ずつ大切に過ごしたいですね。

 

 

読んでくださり、ありがとうございます。