暮らしの地図

お母さんのじぶん時間を、片づけで増やしたい!ライフオーガナイザー山田りえこのブログです。

百円ショップのケースで薬の管理がしやすい!

 

 

 

f:id:kurashinochizu:20180627132653j:plain

 

=============================

 

 

 

こんにちは。

名古屋在住ライフオーガナイザー®山田りえこです。

 

突然ですが、薬の収納

どこに、どのように置いていますか?

 

 

プールの時期は体温計がすぐ取り出せるほうがいいし、

子どもたちが自分で虫刺されの薬を塗れたる方がいい、などなど、

家族みんながそれぞれ使うので、

  

わが家では、使い勝手のいい、

キッチンカウンター下に置いています。

 

f:id:kurashinochizu:20180719144724p:plain

 

ここで使っているのは、

百円ショップで買った、

白いふた付きボックス

 

浅型と、深型の2種類を使っています。

 

f:id:kurashinochizu:20180719144827p:plain

 

よく使うもの蓋がない上のケース

あまり使わない湿布やガーゼなどは下へ入れることで、

何があるか見やすく、

出し入れもしやすいです。

 

 

f:id:kurashinochizu:20180719145127p:plain

 

 

 

綿棒の入っていた空ケースなどを使って

ゆるく仕切ることで

薬が倒れてったり戻しにくくなったり

仕切りすぎて入れにくい!

なんてプチストレスからも解放されます(^^)

f:id:kurashinochizu:20180719144920p:plain

 

薬って、肌に付けたり、

体に入れるものなので、

使用期限などきちんと把握したいですよね。

 

 

たくさんありすぎてわからない・・・(ノД`)・゜・。

 

とならない、

わが家にちょうどいい大きさでした。

 

ちなみに、

体温計と湿布だけラベリングしてあるんですが、

 

これは、

ここをたまにしか使わない母が

わかりやすいようにです(^^)/

 

 

f:id:kurashinochizu:20180719145008p:plain

 

読んでくださり、ありがとうございます。