暮らしの地図

手帳と文房具を愛する、新米ライフオーガナイザーのキロク

冬休み、学校用品の保管方法。

おはよございます(^^)

先日ダイソーで買った静電気防止ゴム(ブレスレット?)が、予想以上に効果ありでした♪


車のドアを開ける時にバチっとならない❗️



今日のテーマは、静電気防止ゴムではなく。。。
冬休み、全部持って帰ってくる!

長期休みとなると、アレもコレも持って帰ってきますよね。
わが家の小学2年生の娘も同じくたくさんの荷物を持ち帰りました。

娘は、冬休みに入って早々から、おばあちゃんの家へお泊りへ行く予定だったので、
初日に学用品の片付けだけ済ませました。



いざという時の為に最初から広めスペースを用意

わが家では、娘の希望により、
リビングに棚を置き、学用品を置いています。
さらに、キッチンカウンター下の収納スペースも、娘用にしています。

なので、長期休みの際には、ランドセルまでもカウンター下へ収納。
ランドセルをいつも置いてある場所には、冬休みの宿題を敢えて見えるように置いています(^^;
カラーボックス上のカラフルなファイルが宿題です。



最初から広めにスペースを作っておく事で、何かの時に使うこともできるし、まとめて一箇所に置いておけば、なくすこともありません。
なにより、スペースのゆとりが心のゆとりとなっています(^^;


普段は、使い勝手重視で、多少のごちゃっと感は目をつぶっていますが、長期休みの時くらいは、少しでもスッキリしたい!
という私の希望も取り入れています。


冬休みの前にする事は3つ❗️

長期休みの始まりに、以下のことをしておくと、休みが終わる頃に慌てることもありません。
また、休みが始まったばかりで、テンションも高く、休みボケしていない状態の方がいいかと思います(^^;

⑴お道具箱の見直し。
足りないものはないかなどの確認。
中身を綺麗に整える。

⑵ファイルボックス内の教科書の整理
ファイルボックスには、現在使う教科書のみ入れる。
宿題やワークの時など、たまに見たい教科書は、下の段に。さらに、下の段に入っていて、もう見ないものはまた別の場所へ。(1階)

⑶一学期分のプリントの整理。(テストや宿題、授業で使ったものなど)
これは、何度かやるうちに、残したいもの、いらないものなどの判断が自分なりにできるようになりました。
今回は、100点の物だけ残していました(^^)

休みの最初にコレを済ませておくと、スムーズに新学期をスタートできますよ♪




では、拙いブログですが、今年一年読んでいただき、ありがとうございました(^^)

また来年もよろしくお願いします!


ぽちっとしていただけるとうれしいです。             

  ☟  ☟  ☟

     
にほんブログ村