暮らしの地図

手帳と文房具を愛する、新米ライフオーガナイザーのキロク

私の手帳の使い方〜2018〜

名古屋在住ライフオーガナイザー®︎の山田りえこです。

2018年の手帳は、
セパレートダイヤリーです。
その名の通り、上下2段にセパレートになっています。


(昨日の記事に書いています→こちら)

セパレートダイヤリーのGOOD POINT❗️



*シンプルなデザイン、文字
線の細さが品良く、主張しすぎない感じで使いやすそうです。
色づかいも控えめでGood☆

*滑らかな紙質
白すぎず、黄色すぎない紙の色。
ペン(シグノ0.28と0.38愛用)の滑りもよく裏抜けも気になりません。

[

*リフィルだけで販売している。
カバーもたくさんありますが、残念ながら本革のものはありません。
しかし、リフィルのみで販売しているので、カバーは別で買うこともできるのがありがたいです。

今年の手帳に必要な3つの項目。


必須その① マンスリー

1ヶ月の予定を一度に見渡す事が出来るマンスリーは必須です。

1か月の流れを把握しやすいので、手帳はマンスリーのみで充分。という方も結構おられるのでは?


セパレートダイヤリーにも、もちろんマンスリーはあります。
面白いなと思ったのが、上の段にマンスリー12ヶ月分というのではなく、交互に上の段であったり、下の段にあるんです。

その為、2月と3月のマンスリーを一度に見たり、

3月と4月を一度に見たり出来るんです!



1か月先を見ながら計画を立てることって、
結構あると思うので、とても便利です(^^)


必須その② ガントチャート


ガントチャートとは、プロジェクトの管理や、計画を立てる時に使うと便利な表のようなものです。

1ヶ月が、横にズラッと書かれています。
仕事にも使えるし、大掃除や、家事計画なんかにも使えます。


(こんなイメージです。)

これは、いつまでに、何をやらなければいけないのか。を整理するために使いたいと思っています。
これを使うことで、やる事を細分化し、計画を立てて実行できればいいなと。
常にギリギリガールズの私には、大きな課題です(^^;;



必須その③ デイリーorメモスペース

その日のto do リストや、買い物リスト、ふと思い立った事などなど、何かしら書きたいので、毎日のメモスペースは必須です。

これをマンスリーに書いてしまうと、
ごちゃごちゃしてしまうので、マンスリーには、あくまでスケジュールのみを記入するようにしています。

この手帳のお気に入りポイントでもあるこのデイリー。

通常セパレートタイプは、週間バーチカルが多いと思うんです。
バーチカルが使いこなせない&スペースが足りない私にとって、デイリーがあることはかなりポイントが高かったです。

しかもバーチカルに憧れている私。
このデイリーには、時間軸が書いてあるので、バーチカルの練習もできます(笑)

その他、この手帳には、『ドリームシート』という名の夢や目標を書くページや、
モチベーティングシートという、名言や格言を書いておけるページがあります。

どちらも、書いてみようかなと思える程度のスペースである事、万が一書かなくてもいいか、と思える枚数なのが嬉しいところ。

書く事が決められているページが多すぎると、少し負担に感じてしまうので、ちょうどいい塩梅です(^^)


そして最後に、メモページは、上半分に13枚ほど。
多すぎず、少なすぎず、といった感じです(^^)




初めての手帳、新しい手帳。

ワクワクしますね〜(*´∀`*)



読んでくださり、ありがとうございました。




ぽちっとしていただけるとうれしいです。             

  ☟  ☟  ☟

     
にほんブログ村