暮らしの地図

手帳と文房具を愛する、新米ライフオーガナイザーのキロク

読書の秋。


先日とある場所で、小さな栗を拾いました(^^)
ここの所気温が高い日が続きますが、やはり秋ですね(^^)





読書の秋を子どもと楽しむ!




本の大好きな私と娘。


定期的に図書館へ通い、3人分のカードで、一度に18冊まとめて借りてきます。





本を買うとなると、どれにしようか、あれこれ悩む物ですが、図書館だと、”面白そう♪”
と思ったらどんどん借りられるのがいいですよね。


季節に合う話の本はなるべく借りるようにしています。
まぁ、そういった本は人気で、貸出中の場合も多いですが(^^;;


手に取りやすい仕組みをつくる。



図書館の本を18冊ともなると、かなりの量に!
(持つのも限界)



家の本と一緒にならないように、専用の収納場所を用意しています。

といっても、

無印良品のファイルボックスに入れるだけ。


(*以前とリビングのおもちゃ収納が変わっています)



定期的に入れ替わる本なので、なるべく手に取りやすく、出し入れもしやすいシステムにしました。

うっかり母さんにも優しいシステム




『あれ、返却日いつだっけ?』

と思った時にすぐ確認できるため、また、

『えーっと、図書カードどこだっけ?』
をなくすため、それらを一緒にクリップでまとめ、ファイルボックスに挟んでいます。



これで、本をまとめて、カードを持って、返却しに行く流れがとてもスムーズ!




こんな感じで、わが家は図書館の本たちが、リビングのVIP席にセッティングされています(^^)




ちなみにこちら、




なぜここへ、レジスターのおもちゃが一緒に収納されているかというと…



『借りる方どうぞ〜、こちらでピッしてからお願いします。』



と、わが家の図書館司書(4歳息子)が使うためですf^_^;
(早く読みたい姉と、いちいちレジを打つまで待たせる弟で、ケンカ勃発(-_-;))





読んでくださり、ありがとうございました。




ぽちっとしていただけるとうれしいです。             

  ☟  ☟  ☟

     
にほんブログ村

 


《次回のはなし場のお知らせ》

〜自宅の収納の悩むを解消しませんか?〜

今月は、【こどもふくの管理法】 がテーマです。




* お下がりや頂き物がたくさんあるけど、多すぎて管理できない!

* 子どもに自分で着替えをして欲しいけど、どんな収納、仕組みがいいの?

*中途半端なこの時期、クローゼットがぐちゃぐちゃでどうにかしたい!


そんな、具体的な悩みも、私たち暮らシスターズとシェアして、モヤモヤ解決の糸口を探しましょう♪





詳しくはこちら→☆☆☆おやこ かたづけのはなし場 - こどもの片付け
お申し込みはこちらから→☆☆☆申し込み・お問い合わせ - こどもの片付け