暮らしの地図

手帳と文房具を愛する、新米ライフオーガナイザーのキロク

飲み忘れなし! 子どもに薬を飲ませる時の一手間。

おはようございます。

数日前から息子が、保育園で、泣かずに
”(タッチ!) ママ、バイバイ!”できるようになりました(*^^*)


名古屋のライフオーガナイザー®︎ 山田りえこです。


先週あたりから、風邪をひいている息子。

病院で、2種類の薬をもらってきました。

朝晩の忙しい時に、薬を飲ませるのって、結構忘れやすく、面倒ではないですか?

紙袋から出し、点線で切り離し、残りをまた紙袋に戻して…

この動作が私には面倒なんですよね〜。

特に、繋がった袋を点線で切り離すところ。

いざ飲ませる時、慌てていると他の袋まで破れてしまうことも(>_<)


そんな時に、『あーっ!もうっ!』

とならないためにも、そして

『あ、また飲ませるの忘れた!』

をなくすために、もらった時に一手間かけるようにしています。

① 一袋ずつ切り離す。

②こどもの名前を書く

②1日に飲ませる回数を書く。
(食後3回なら③、朝晩2回なら②)



これができたら、クリップで挟んでキッチンカウンター上に置いて準備完了!

飲ませる種類が多いほど、また、姉弟、同じタイミングで風邪をひいている時など、最初のこの一手間で、後が楽になります。
(姉弟の両方ある場合は、どちらかわかるよう蛍光ペンでラインを引くことも。)

キッチンカウンター上は、よく目につくし、気づいた時にコップと水もすぐ用意できるので、パッと飲ませることができます。


忘れっぽい私のちょっとした工夫でした^ ^


読んでくださり、ありがとうございました。

 

ぽちっとしていただけるとうれしいです。             

  ☟  ☟  ☟

     
にほんブログ村