読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの地図

手帳と文房具を愛する、新米ライフオーガナイザーのキロク

1年生の学校用品スペース、その後。

おはようございます。

 

ライフオーガナイザーの山田りえこです。

 

ピカピカの一年生だった娘も、もうすぐ二年生。

 

手さぐりで用意した学習用品スペースでしたが、ここ最近で大きく変わったのでご紹介したいと思います。

 

学習用品スペースの記事↓

 

小1むすめに合った、リビング身支度スペースのつくり方。 - 暮らしの地図

 

以前はリビングの1番いい場所にセッティングしていました。

 

(通常テレビボードがある場所。わが家のテレビは、出したりしまったりしているんですが、その話はまた別でお話しますね。)

 

こんな感じで。↓

f:id:kurashinochizu:20170228105416j:image

(以前の写真、使い回しです)

 

 

親子共々初めての小学校生活のスタート。

(私はもちろん親として、ですよー。)

 

とにかく『分かりやすく』が最優先。

結果、動線的にも、管理のしやすさでも都合はよかったのです。。が!

 

2階リビングのわが家。

冬になり、4歳息子が1階からどんどんおもちゃを持ってきて暖かいリビングで遊ぶんです。

 

以前は、1階におもちゃスペースを作り、

2階には、

【粘土、絵の具、折り紙、お絵かき】

の、最もよく遊ぶ&親の目の届くところでやってほしいものだけを置いていました。

 

1階はやはり寒いので、遊ぶとなるとホットカーペットをつけ、暖房をつけなければいけません。

暑くなりすぎていないかなど、時々見に行かなければいけないし、私も2階リビングで遊んでいる方が冬の間は環境的にもいいかなと思い、学習用品スペースを、おもちゃスペースにしてしまいました。

 

f:id:kurashinochizu:20170228103325j:image

 

そして、ここにあった学習用品は、

キッチンカウンターの下へ。

f:id:kurashinochizu:20170228104104j:image

(分かりやすいようダイニングテーブルをどかして撮影しています。)

f:id:kurashinochizu:20170228104412j:image

横から見た様子。

扉を開けるというひと手間が加わりましたが、それほどのやりにくさはない様子です。

ここに座り込み、支度などするのですが、

この狭いスペースのお籠り感が逆に気が散らないのか、息子がリビングで遊んでいても気にせず支度ができるようになりました。

 

ちなみに白いイスにランドセル、ベージュのバスケットに脱いだ上着をいれます。

 

黄色い帽子はすぐ上のここへ。

f:id:kurashinochizu:20170228105015j:image

 

収納グッズも、娘と相談して本人が選びました。

収納グッズや、収納の仕方については、長くなりましたので、次回お話しします。

 

読んでくださり、ありがとうございました。