読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの地図

手帳と文房具を愛する、新米ライフオーガナイザーのキロク

愛用手帳 その2。 とにかく書く。

手帳

今日は風も冷たく、寒いですね。

 

おはようございます。

名古屋の新米ライフオーガナイザー山田りえこです。

 

今日は、前回に引き続き、手帳についてお話ししたいと思います。

 

前回の手帳はスケジュール管理。

1番手帳らしい使い方だと思います。

今回は、私が憧れていて、初めて手にした手帳についてです。

 

能率手帳ゴールド』

 

f:id:kurashinochizu:20170202101233j:image

 

か、かっこいい…

 

その佇まいに惚れ惚れします。

能率手帳は、本屋さんなどでもたくさん見かけますが、このゴールドを取り扱っているお店は少ないんですよね。

名古屋だと、丸善さんとか、JR名古屋高島屋東急ハンズさんには置かれてます。

 

通常と何が違うかというと、まずはその表紙。

 

柔らかい羊皮を使用しています。

手触り最高、よく、ゴールド愛用者の方々がインスタやブログなどで、その手触りを、”ふかふか” と表現されていて、想像つかなかったのですが、本当にその通り。

ふかふかです。  

羊皮なので、1つ1つ微妙に表情の違いがあり、気に入ったものを選ばせてもらいました。

 

能率手帳コーナーでも、これだけはかなりのVIP扱いで、このように箱にはいって、特別感満載です。

 

f:id:kurashinochizu:20170202102256j:image

 

そして周りには金箔が❗️

 

f:id:kurashinochizu:20170202105833j:image

 

ちなみにこちら、大きさが2種類ありまして、私は小型版を選びました。(ウィークスと2冊持ち歩きを考えて。2冊合わせても重さわずか204g)

 

 

 

中身はこんな感じ。

f:id:kurashinochizu:20170202102545j:image 

色使いが渋い。

ちなみにこちら、インスタではおっちゃん手帳というタグがあったりします。(笑)

確かにおじさんぽい。 女性らしさは皆無ですよ。

話がそれましたが、

年間予定表や、(ここはまだ使い方が決まってません。)

 

 

f:id:kurashinochizu:20170202102753j:image

月間予定表。

こちらは日々できることを意識的に記録しようと挑戦中です。

お風呂上がりの柔軟ストレッチ、もう一冊の手帳のこと。

毎日何かを続ける事が苦手なので、負担にならないような項目を選んでます。

あとは、縦長のスペースに体調や、肌の様子を記録しています。

 

そして、メインはウィークリー

 

f:id:kurashinochizu:20170202103253j:image

 

私は主に雑記帳として使う事にしています。

日記に近い感じでもあります。

思いついたこと、その日にあったこと、感じた事、などなど。とにかく気持ちを書く。といった使い方です。

 

 

この手帳にはマンスリーがありません。

それが、手帳は一冊呪縛にとらわれていて、使いたいのに使えない、という状況にしていました。

 

あとは、方眼メモや、

f:id:kurashinochizu:20170202103519j:image

別冊で薄いアドレス帳もついてますが、この辺りもまだ使っていません。

f:id:kurashinochizu:20170202103614j:image

 

お聞きになったらわかるように、能率手帳ゴールドに関しては、まだ初めて使うこともあり、全て使いこなしているわけではありません。

 

ここでまた呪縛その②

 

その1はこちら↓

http://kurashinochizu.hatenablog.com/entry/2017/01/28/132459

 

『空白を恐れる』

 

手帳を使う際、空白のページが多いと、不安になりませんか?

何か書かないと。 使いこなせてない。もったいない。 などなど。。

 

私も、そうでした。 びっしり書き込んだ手帳への憧れ。 それができない自分に自己嫌悪。

空白のページにガッカリ。。

 

でも、やっぱり手帳が好きだから、次の年になるとワクワクしちゃうんですよね。

 

なので、思い切って、空白があってもいい、毎年手帳を持つんだ❗️ と開き直ったら、意外と気持ちが切り替えられたんです。

 

たくさん空白のページがあっても、これが今の私。 理想とは違うけど、今の自分を認める事ができるようになりました。

 

できないことを嘆くより、できることに目を向ける。

 

同じ事実でも、気の持ちようで随分変わりますね〜。

 

楽しみながら、一年使ってみたいと思います。

 

 

オススメの本です。

f:id:kurashinochizu:20170202111850j:image

 

 https://www.amazon.co.jp/dp/482071709X/

 

 

読んでくださり、ありがとうございました。