暮らしの地図

手帳と文房具を愛する、新米ライフオーガナイザーのキロク

水切りカゴをなくしてみたら。




自分を知って暮らしを楽にをモットーに、
心もからだも健やかで心地よい暮らしを目指す、
名古屋の新米ライフオーガナイザー山田りえこです。



わが家には、食洗機があり、いつも朝晩1回ずつ使用するのですが、中には食洗機不可の物もあります。例えば水筒など。
それらは手洗いし、水切りかごにいれていました。

こんな感じで。

f:id:kurashinochizu:20161115104526j:image

でも、水筒って、乾きづらく、次の日までそのままのことが多いんです。

できればキッチンカウンターはスッキリさせておきたいのに、つい、いつも洗った何かがのっている状態…

うーん、モヤッと。

でもだからといって、カゴがないのもなぁ。
不便というか、無理だし。。

そもそも、出していてもいいと思うデザインの水切りかごにしたにもかかわらず、水切りかごがあるがゆえ、洗ったものを放置してしまう。。





じゃあ、とりあえずなくしてみよう‼️


そして、実際どんな風に不便なのか確かめよう!


と、いうことで、水切りかごを隠してみました。



f:id:kurashinochizu:20161115105136j:image


おぉ、スッキリ✨

そして、水筒など、手洗いのものは、というと。。



f:id:kurashinochizu:20161115105247j:image


こんな感じ。


こどもたちのお手拭きに使っていたハンドタオルを敷いて一時置き。


拭けるものは拭いてしまって、まだ乾かないものは、キッチンカウンター後ろに移動。



f:id:kurashinochizu:20161115105506j:image

次の日までこのままの時もありますが、場所が目立ちにくいせいか、存在感が水切りかごの時より小さく、あまり気になりません。


水切りかごをなくしてみた結果、デメリットよりもメリットの方が多かったので、このまま続けようと思います。




予想外によかったことは、水切りかごに置いた時より、タオルに置いた時の方が、洗ったものをすぐ拭いて片付けたくなる事でした。


迷ったら、とりあえずやってみる、
それって大事だなぁと実感しました。