読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの地図

手帳と文房具を愛する、新米ライフオーガナイザーのキロク

明日の持ち物、忘れないために娘がしていた事。

おはようございます。

名古屋の新米ライフオーガナイザー山田りえこです。

娘の身支度スペース、なかなか順調にできています。

f:id:kurashinochizu:20161125100141j:image

今日は金曜日、図書の本を持っていく日です。
一応持ち物確認ボードには書いてあり、用意もしていますが、

f:id:kurashinochizu:20161125100338j:image
このマグネットボードを見ながら、次の日の支度をします。


忘れないか、心配だったんでしょうね。

その上に自分でこんな物を。。

f:id:kurashinochizu:20161125100542j:image

小さな事ですが、娘が自分で考えて、忘れないための行動をした事に、母は感動。

帰ってきたら褒めたいと思いました!


よく見たら、、、


f:id:kurashinochizu:20161125100737j:image
”きけん”


注目?注意?みたいにしたかったのか。
キケンってσ^_^; 


ちょっと嬉しい、ちょっとぷぷっとした出来事でした。




読んでくださり、ありがとうございます。




幼稚園から帰ったらする事。

こんばんは。

名古屋の新米ライフオーガナイザー山田りえこです。

昨日の記事の続きです。


幼稚園の身支度セットを玄関に置くワケ。


それはズバリ、

帰ったらその場で片づけられるから。です。


幼稚園から帰ってくると、疲れていたり、暑かったり、眠かったり。

玄関で靴を脱ぐと『はぁ〜』と一息ついて、リュックと帽子を床に置いてしまいます。

そのついでに片づけまでできるようにと、玄関に、



*カバンや帽子を入れるBOX (写真右)
*洗濯物を入れるカゴ (写真中)
 *制服から着がえる洋服 (写真左)


これらをスタンバイしているんです。

f:id:kurashinochizu:20161123203953j:image
この状態でおかえりなさい。 
真ん中のカゴに、洗濯ものを出したら、左に用意した服を着て、右のBOXにリュックと帽子を入れます。




f:id:kurashinochizu:20161123202826j:image
洗濯物を洗濯カゴに入れたら、またこの状態に戻します。



カゴの中には、こんなカードも作ってみました。

f:id:kurashinochizu:20161123204429j:image


疲れて、『やらない〜!』
という時もありますが、(最近毎日…しゅん。)

リュックをBOXにいれるだけでも、洗濯ものを洗濯カゴにいれに行くだけでも、やらないよりはいいかなー。と気長にやってます。

まだまだ完成ではないのですが、より、良い方法がないか模索中です。





読んでくださり、ありがとうございます。





幼稚園の身支度ができるように、3歳から始めたこと。


こんにちは。
 
名古屋の新米ライフオーガナイザー山田りえこです。
 
小学校入学と、幼稚園入園の子供たちと、新生活が始まって早8ヶ月。

 
私が超がつくほどの忘れん坊のうっかりママなのもあり、朝の支度を息子が自分でできるようになってほしい❗️

と言うことで、息子でもできる方法をお試し中です。


まずは、その日の持ち物の確認。

基本の3セットはこちら。

f:id:kurashinochizu:20161122174753j:image 
裏にマグネットをはり、マグネットボードにぺたり。

まだ字が読めない息子の為に、実際使っているものを写真に撮って印刷。
セリアで買ったラミネートで挟みました。

f:id:kurashinochizu:20161122175941j:image
こちらは小さいサイズ、大きいサイズもありますよ。


まだ試行錯誤中なので、とりあえず第一段階として、入れるものはあらかじめ用意しておき、本人は、写真を確認しながらリュックに入れるだけ。

f:id:kurashinochizu:20161122184224j:image

こんな感じで置いて、『リュックに入れてね〜』
と声かけ。

くつ下や、上着を入れてね、『着てね〜』と促すことも。


入れたら写真をひっくり返すと。。

f:id:kurashinochizu:20161122175225j:image

大好きな仮面ライダーエグゼイドが、できた!
と言ってくれます。


用意してあるたった3つを入れるだけなんて簡単すぎる?
いえいえ、これでいいんです。
まずは、小さな小さなことから。

特に息子は、下の子で甘ちゃんなのです。



自分で何度も確認して、覚えて、習慣にしていくことが大切だと思っています。


これをわが家は玄関に置き、玄関で用意をしています。

f:id:kurashinochizu:20161122175641j:image


ちなみにこの大きいBOXの中には、帽子とリュックが入っています。

f:id:kurashinochizu:20161122175831j:image




これを玄関に置くのにはワケがありますので、また明日。

読んでくださり、ありがとうございます。


講師デビューセミナーを受けました。


こんにちは。


名古屋の新米ライフオーガナイザー山田りえこです。


先日、

一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会の本部スタッフで、メンタルオーガナイザーの、

渡邊奈都子先生による、講師デビューセミナーを受講しました。


f:id:kurashinochizu:20161121215701j:image


丸一日とは思えないほど、あっという間でしたが、
最初から最後まで本当に濃い内容で、
まさに、フルマラソンを、全力疾走した感じ。
マラソンなのに、最初から最後までダッシュ。
みたいな。


ライフオーガナイザーの資格を取得したものの、自信が持てず、不安ばかりだったのですが、奈都子先生の、

自信は、やらなきゃつかないよ❗️

この言葉、本当に刺さりました。


この言葉を聞いて、
例えるなら、自転車の乗り方を教えてもらった子どもが、実際に乗る前から、できない、不安だって言っているようなものだなと気づきました。


不安や緊張や失敗も、全てその後で糧になる。
この言葉を胸に刻んで、やるしかないという覚悟ができました。


自分自身としっかり向き合い、やるべき事を頑張ります❗️


f:id:kurashinochizu:20161121222725j:image
奈都子先生(写真真ん中) 私は、1番左端です。
一緒に受講したライフオーガナイザー仲間と。

よかったら、同期のオーガナイザー、くらしの庭の
中矢くみこちゃん(右から2番目)のブログもご覧くださいね。
                                    ↓



 渡邊奈都子先生のブログです。

                         ↓

メンタルオーガナイザー渡辺奈都子のブログ「SmartBeing」


読んでくださり、ありがとうございます。

娘が上着を脱ぎ散らかさないための工夫。

こんにちは。
 
名古屋の新米ライフオーガナイザー山田りえこです。
 
 
寒くなり、娘に上着が必要になった時、カラーボックスの一つを、上着入れスペースにしました。
 
ここに、入れるだけ。
 
 
f:id:kurashinochizu:20161119092937j:image
 
 
簡単でしょ?
 
 
でも、できないんです!
こうなるんです!
 
 
f:id:kurashinochizu:20161119093049j:image
 
すぐそこなのに❗️
 
 
そして、考えました。
今のやり方は、座って、中に入れる。
微妙に一回では全部入らないので、
何度か押し込む。(←本当はたたんで入れて欲しいけれど、無理なので)
 
娘にとって、一度座るのはどうも面倒らしい。
座るという動作をしなくてもいい方法はないか。。
 
 
 
で、思いついたのが、
 
立ったまま、ポイ。
 
f:id:kurashinochizu:20161119093654j:image
 
 
 

このカゴをどこに置いたら一番いいか、娘に考えてもらい、ランドセルの横に置きました。

 
たたんではいないけれど、とりあえずここへ入れてくれるだけでずいぶんスッキリして、大満足です。
 
 
ストレスその2の上着、クリアです!
 
 
娘のものは、言われなくても、この場所へ戻るようになりました。
 
 
f:id:kurashinochizu:20161120105024j:image
 
 
 
帰ってきたら、『片付けて、明日の用意してね〜』
の一言で、この状態。
私も娘も、ラクしてスッキリご機嫌です。
 
 
 
読んでくださり、ありがとうございます。
 
 
 
 

娘が戻したくなる、ほんの小さな工夫。

こんにちは。

 

名古屋の新米ライフオーガナイザー 山田りえこです。

 

わが家の小さいリビングに、上着や帽子が散らかっているのは、とてもストレスでした。

 
『片付けて!』 『なんでいつも床に置くの!』
置き場は決めているのにやらない娘にイライラ。。
 
そして、1人の時に(←ココ重要。イライラしていない時に。)どうやったらやりやすいのかなぁ。と考えました。
 
そして思いついたのが、これ。
 
f:id:kurashinochizu:20161119001800j:image
 

ダイソーで買ったブックエンドに、テプラでラベリング。

 
ただこの上にかぶせるだけですが、それ以来、ちゃんとここへ置くようになりました。
 
こんな事で?と、思ったのですが、この白いブックエンドが、悪目立ちせず、それでいてちゃんと娘にここに置いてアピールしてくれてるんですねー。
 
娘には、明確にココ!と決め、文字で書くことで、戻しやすくなったんだと思います。
 
 
ストレスその1、黄色い帽子はクリアしました。
 
明日は、ストレスその2、上着についてです。
 
 
 
読んでくださり、ありがとうございます。
 
 
 
 
 

小1むすめに合った、リビング身支度スペースのつくり方。

こんにちは。

名古屋の新米オーガナイザーの山田りえこです。

 

 

今年の4月で一年生になった娘。

 

自分で支度をできるような仕組みができるまでは、

私の目の届く所にと、学校用品スペースを、リビングの一角につくりました。

 

 

 

 

ポイントとして、

 ・戻しやすい。

 ・忘れ物、失くしものをしない。

 ・リビングになじむ。

 

の、3つを念頭において考えました。

最初からうまくいくはずもなく、場所を決めていても、黄色い帽子がソファの上に置きっぱなしだったり、脱いだ上着が床に置いたり。。。

 

f:id:kurashinochizu:20161118173217j:image

 

 

どこがやりにくい?どうしたらできそう?などなど、何度も娘にヒアリングして、だいぶよくなってきました。

 

f:id:kurashinochizu:20161118173300j:image

 

 

できない理由を徹底分析。 子供の考え方や、意外な一面を発見したり、子供との

距離が縮まるような感じもします。

 

なにか問題が出たら、また一緒に考えて、改善していく。

そう考えたら、なんだかできそうな気がしてきました。

 

 詳しい場所やしまい方は、また明日。

 

読んでくださり、ありがとうございます。