暮らしの地図

手帳と文房具を愛する、新米ライフオーガナイザーのキロク

忘れっぽくても大丈夫!な伝言のしくみ。

まずは自分で片づけたい方
《かたづけのはなし場》
ただ今参加者募集中です→→かたづけのはなし場

ライフオーガナイズで片づけをサポート
暮らシスターズのホームページはこちら☆

=================

おはようございます。

名古屋在住ライフオーガナイザー®︎山田りえこです。


突然ですが、こんな事はありませんか?


・家族から、
『〇〇がなくなったから買っておいて』
と言われていたのに、うっかり忘れる。
しかも何回も。

・夫に『〇〇の電球切れたから交換しておいて』
と頼んだのに、忘れられて夜になって暗い。

ティッシュがなくなって、ストックを見にいったら一箱もなかった。
最後に使った人教えてよ!とイラついた


などなど。


頼まれたのに忘れることや、
言わなきゃいけない事をつい忘れる、なんて事は日常茶飯事です。



また、忙しい時には、言われるだけでイラッとしたり(^^;)
お互いタイミングもありません?



わが家の場合、
頼まれてもつい私が忘れていたのは、
ガス乾燥機のフィルター交換です。



乾燥機のものを畳んでくれるのは母ですが、
洗濯機の上にあるため、背の低い母はフィルター交換ができません。




母に、かえておいてね〜。と言われるものの、



すぐ忘れる‼️



その場で変えればいいのですが、
だいたい乾燥の途中で、
交換ランプが点灯する為、
終わってからやろう。と思うと忘れます(^◇^;)




そこで考えたのが、




《伝言を見える化





これを母に貼ってもらうことにしたんです。
(*フィルター交換お知らせのランプと、音がなるんですが、だいたいそのタイミングで、私は息子の送り出し。
母はその時、乾燥機横の洗面台で、身支度しているので、その場でペタっとするだけです。)

百円ショップで買った、
マグネットシート
とテプラで簡単に作成。

目につくように、マスキングテープでふちどりしました。



これの効果は抜群‼️
お互い、

『言わなきゃ!』の手間も、
『覚えとかなきゃ』の手間もないのに、

100パーセントの確率で、ちゃんとできる!




洗面所は、2階トイレの横にあるので、
手洗いの際に必ず目につきます
その場でやらなくても、忘れても、
やるまで何度でも気づかせてくれるん
です(笑)




交換したら、裏返して、
乾燥機側面に、貼りつけるだけ

普段もこの状態。



ほとんど目立ちません(^^)




このしくみは、

例えば、ティッシュのストック場所には、
ティッシュ在庫なし】の札を置いておき、
最後の人はそれを冷蔵庫に貼ってみるとか。

ホテルの
【起こさないでください】の札のように、
【電球交換お願いします】の札を
切れた電球の部屋のドアノブにかけてみたり。

他の場所は、用途でも使えそうだなと思っています。




しくみで小さなモヤっと解消しませんか?



読んでいただき、ありがとうございました。



====================


『わが家もあるわ〜、こんな事。』
と、思われた方!

かたづけのはなし場では、


かたづけだけでなく、


暮らしをラクにするしくみを考えますよ☆



モヤモヤを見える化して、スッキリ&ラクな暮らし、見つけませんか?



お申込みお待ちしています♪

↓↓↓↓↓

かたづけのはなし場

電池の使い方、知らない注意点がたくさんあった!

まずは自分で片づけたい方 ただ今参加者募集中です→→ かたづけのはなし場

ライフオーガナイズで片づけをサポート 暮らシスターズのホームページはこちら☆


こんにちは。

名古屋在住ライフオーガナイザー®の山田りえこです。

防災備蓄を見直しながら、 取り急ぎあったほうがいいものは、 購入しています。

中でも、

懐中電灯の電池! は、すぐにでも用意しておきたいところ。

わが家は、ベランダで夕飯を食夕食べることがあり、ランタンを時々使います。 (たまに子どもがおもちゃにしていたり。)

(リビングに出しっぱなし)

また、キャンプ用にと、他にもいくつかランタンを持っています。

防災備蓄として電池がいくつ必要かは、 順に考えるとして、まず2種類一つずつ購入しました。

この電池、こんな表示が。

【液漏れ防止製法・10年長持ち】

液漏れとは、先日先輩オーガナイザーの森麻紀さんがブログで書かれていた!

コチラ↓↓ macky1010.blog.fc2.com

これを使えば大丈夫なんだ~。

と安心したのですが、調べてみると、 電池は使い方にも注意が必要でした。

パナソニックのホームページによると、 使用中の電池の場合、 液漏れが起こる原因はいくつかあるらしいんです。

要は、何らかの原因で、

電池内にガスが過剰に発生 →破裂防止の為に、ガスを放出 →ガスと共に電解液も漏れだす

というしくみらしいのです。

つまり、ガスが過剰に発生しないように気をつける必要があるんですね!

今まであまり意識したことはありませんが、

原因として、

①過放電(使い切った電池をそのまま入れっぱなし)

②電池の逆挿入(何本か必要なものだと、逆に入れてもまれ動くことがあるそう)

③スイッチオンしたまま長時間(エアコンのリモコン、掛け時計など)

④新旧混ぜて使用(違うメーカー、種類にも注意が必要)

あとは、新品でも、やはり 保管場所は湿気などに注意が必要みたいですね。

どれも、けっこうやっちゃってませんか・・・?

③とか、④とか。普通にやってました(^^;)

いざという時に【使えない!】とならないために、

以下のことを気をつけようと思いました。

使っていない電池は外す。(もしくは紙をはさむのもいいそう)

電池を入れる際は、向きに注意!新品を、同じメーカーで!

定期的に変える(動きが悪くなってきたら早めに交換)

今ある電池、どんな場所に、どんな風に保管していますか?

また、今使用中の電池は、どんな状態ですか?

一度確認しておくと安心ですよね(^^)

読んでいただき、ありがとうございました♪

防災備蓄 【主食編】

まずは自分で片づけたい方
ただ今参加者募集中です→→かたづけのはなし場

ライフオーガナイズで片づけをサポート
暮らシスターズのホームページはこちら☆

=================


こんにちは。

名古屋在住ライフオーガナイザー®︎山田りえこです。

いきなり全部揃えようとすると挫折するので、
まずは1つずつ。

1週間過ごす事を想定して備えます。


今日の防災備蓄は、【主食】です。


・ご飯
・パン
・パスタ
・麺


家族4人(*)、一日3食、7日分

きっと3食ご飯を食べることはないかと思い、
一食はパンを想定しました。



1人1缶として、4人で7日間。

28缶



search.rakuten.co.jp




24缶で約1万円・・・
被災時にパンが食べられるのは結構贅沢なんですね。。(^◇^;)

この金額をみると、
毎日缶づめのパンを1人1缶ずつ食べる事は、
現実的ではないかもしれません。


わが家の場合は、
パンがいくつか冷凍保存してある事が多いので、
それを食べたり、缶の物は分け合ったりします。


この辺りかな。

search.rakuten.co.jp


そして、ご飯

1日2食×4人×7日分で、56食が必要です。

とはいえ、実際被災した時に、1日3食キッチリ食べるかもわかりませんが…
多い分には問題ないという事で(^^;)


一番手軽なものとして、水やお湯を入れるだけで食べられるアルファ米
25食入りで、3日分。(朝はパンの場合)


search.rakuten.co.jp



時々は、麺やパスタを食べるとしても、
作らなくても食べられるものはあった方がいいかなと思います。



子どもがいると、どうなるかわからないですよね。
不安な時に何もしないでただ側にいて、
手をつないだり、ギューっとする事が必要かも知れません。


こちらは、レビューを見ると、
キャンプに持って行ったり、
家で体調が悪く、料理ができない時に食べたりなど、普段の生活でも使えそうなので、
25食入りを購入しようと思います。



そして残り31食


購入したのは、
・パスタ一袋(ゆで時間3分)→2食分
マカロニ一袋(ゆで時間3分)→1食分
そうめん→3食分(もっとあるけど、飽きそう?)
チキンラーメン(4袋)1食分


このあたりは、ローリングストックで、
開けたら新しい物を1つ買い足す仕組みにします。

7食分くらいでしょうか。

残りは24食

米 5キロ

わが家はだいたい2食分が3合です。
5キロだと、だいたい11日分になるので、
残りはパッククッキングをして乗り越えてたいと思います。
(1合=約150グラム、5キロ=33.3合)


3食×7日=21食分(×家族の人数)

まずは主食をどのくらい必要か、
考えてみませんか?

防災備蓄、まずはここから。

まずは自分で片づけたい方 ただ今参加者募集中です→→ かたづけのはなし場

ライフオーガナイズで片づけをサポート 暮らシスターズのホームページはこちら☆


こんにちは。 名古屋在住ライフオーガナイザー®︎の山田りえこです。

テレビをほぼ見ない私にとって、 昨日の地震もかなりたってから、 大きな被害の出るものだったと知りました。

ちょうどわが子と同じくらいの、 失われた小さな命に胸が痛みます。

私が住むここ名古屋は、 確実に大地震が来ると言われているのに、 恥ずかしながら、中途半端にしか備えていません。

何がどれくらい必要なのか、 考えてはわからなくなったり、 意外とたくさん必要で、 スペースや、金額を考えるとつい後回しにして しまったり・・

そんな私のような方、 いらっしゃいませんか?

でも、もうやるしかない!

今日から少しずつ、

防災備蓄(*)について整えていきたいと思います。 *わが家は災害時、自宅で過ごすことを想定しています。

まずは、食品備蓄から。。。

一人当たり1日3リットル

と言われています。

4人家族で1週間分となると、 2リットル6本入り7箱‼️

これだけでも結構な量ですね。

(大人と子ども、赤ちゃんでは1日あたり必要量が違うようですが、私は自分がわかりやすくするため大人4人として用意します。) ☆ブログ一番下に書きましたので、ご参考まで

わが家では、普段から、 この2リットルのペットボトルを購入しています。

そのため、長期保存用ではなく、

普通に売られている物を、

ストックとして今までより多く購入します。

通常売られているペットボトルの水でも、

賞味期限は2年ほどあるので、

毎日の生活に取り入れて使った方が、

私にとっては管理が楽です。

まずは、水。

あなたが家族で1週間に必要な量はどれだけですか?

一緒に少しずつ整えていきましょ(^^)

読んでくださり、ありがとうございました。


*1日に必要な水分量(体重1キロあたり) 学童期 60〜80ml 幼児期 90〜100ml 乳児期 120〜150ml

5歳18キロの息子が、1日に必要なのは、 100×18= 1800ml(1.8ℓ)

2ℓのペットボトル約1本です(^^)

教科書にもオススメ! 無印良品のアクリル仕切りスタンドの安定感がスゴイ。

まずは自分で片づけたい方
ただ今参加者募集中です→→かたづけのはなし場

ライフオーガナイズで片づけをサポート
暮らシスターズのホームページはこちら☆

=================




名古屋在住ライフオーガナイザー®︎の山田りえこです。

子どもの学用品スペースに、
カラーボックスや、
シェルフを使っている方も多いのでは?


わが家の小学3年生の娘、
現在の学用品スペースの様子はこちら。


f:id:kurashinochizu:20180618102949j:plain


2段のカラーボックスを、
横で使ったり、
縦にしてみたり。。

娘と相談しながら、
より使いやすくする為に、
あーでもないこーでもないと、
試行錯誤しています。(と言っても、私が半ば押しの強い営業マンのように誘っていますが…f^_^;)

カラーボックスは、
組み立ても簡単だし、
お手頃価格、
ホームセンターなどで手に入りやすいので、
子ども収納にも使いやすいですよね!


私が特に気に入っているのは、

奥行き30センチ‼️というところ。

狭いわが家のリビングでも、
圧迫感がないのが嬉しいポイントです♪

最近では、
いろいろな種類のカラーボックスがありますが、
わが家のこのタイプのカラーボックスは、
棚板が移動できません。
そのため、教科書など高さのあるものは、
収納できる場所が自然と決まってきます。



横にして使った場合、
身長約140センチの娘だと、
一番上が使いやすい。



そんな時便利なのがこちら。




無印良品のアクリル仕切りスタンドです。


商品はこちら↓
無印良品 | アクリル仕切りスタンド3仕切り・約268×210×160mm 通販


教科書立てに、
ファイルボックスを使う方も、
いらっしゃると思います。

私がこれを使いやすいと思うオススメポイントは、

その頼れる安定感です。




立てる教科書などが多くても少なくても、
しっかり支えてくれ、
たとえこんなに棚の端に置いても一度も落ちたことはありません。




底面には、
百円ショップで買った
耐震ジェルをしき、
滑るのを防いでいるので、
安定感もさらにパワーアップ!





ファイルボックスなどに比べると、
少しお値段がはるので、
よく使う場所などに限って、
このアクリル仕切りを使っています^_^


透明で、
その物自体に存在感がないのも使いやすいですよね♪



読んでくださり、ありがとうございました。

リユースで、捨てない片づけ!

まずは自分で片づけたい方
ただ今参加者募集中です→→かたづけのはなし場

ライフオーガナイズで片づけをサポート
暮らシスターズのホームページはこちら☆

=================

こんにちは!
名古屋在住ライフオーガナイザー®︎の山田りえこです。


リユースマスター2級資格認定講座を受講しました。

講師はチャリティーイベントでも基調講演をされた、ライフオーガナイザー®︎の服部ひとみさん(写真左端)です。(ブログはコチラ→ひと宮の自己満ですが?)
とにかくエネルギッシュでパワフル!
お会いするといつも刺激とやる気を頂けます(≧∀≦)


私自身は、メルカリを活用していて、リユースは身近な存在です。

たとえ要らなくなったものでも、
まだ使える物や、気に入らなくて手放したいものを、【捨てる】となると、


買った自分への自己嫌悪、
うまく使えなかった自分への自己嫌悪、
物を無駄にする自分への自己嫌悪… と、


とにかくマイナスの気持ちにしかならないと思いませんか?


リユースは、

【捨てずに手放す】ので、

自分が使えなかった物も、誰かが使ってくれる。

さらにはお金になる事も!



とはいえ、はじめの第一歩は勇気がいるかも知れませんよね。


リユースマスター2級資格取得講座では、そんな初めてて不安な方でもわかりやすく、リユースの方法を教えてもらえるので、やってみたい、けど…という方にオススメです!


あなたにとって不要な物は、誰かが探しているものかもしれません。


リユースで、心も、お部屋もすっきりする事が、広まっていくといいなと思いました(^^)



この講座は、ライフオーガナイザー®︎に限らず、
どなたでも受講する事が可能です。


ご興味のある方はぜひ♪


リユースマスター資格認定講座についてはコチラ ↓
リユースマスター®講座


余談ですが…
講座の最後に簡単なテストがあります。
ひとみちゃんの、

『LOだからさ〜、余裕だと思うけど〜!
全員満点💯行ってほしいよね〜〜!』

という愛あるプレッシャーにも耐え、無事に全員満点合格できました(^◇^;)
*簡単なテストなのでご興味のある方ご心配なく


読んでいただき、ありがとうございました(^^)

自分の"好き"を大事にしよう!チャリティで再認識。

こんにちは。

名古屋在住ライフオーガナイザー®︎山田りえこです。

年に一度のチャリティイベントが、無事に終了しました。


来てくださった方、ありがとうございました^ ^

昨年は、急に欠席せざるを得ない状況になり、
私にとっては、悲願の参加でした(T ^ T)


司会はマスターライフオーガナイザー®︎の内藤さとこさん
アナウンサーのような心地よい声と時おりはさむ、思わずクスッとしてしまうような軽快なトークで、進めてくださいました。


メンタルオーガナイザー服部ひとみさんによる基調講演

『好き』からはじめる
〜モノと暮らしの片づけ方〜


に始まり、


ライフオーガナイザー®︎3人(写真左より、市川由起子さん坂入美里さんおぐちしのぶさん)
によるリレートーク

【私が豊かに暮らすために欠かせない〇〇】



さらに、

対照的な基準を持つ2人のライフオーガナイザー®︎、伊藤千晴さんと、香村薫さんによる
セミナー&ワーク

【暮らしの幸せ『私基準』】


と、なんとも盛りだくさんな内容でした。



どなたも、本当に個性的で、

当たり前ですが、
家族構成や、生活スタイル、好みも違う方々です。


お話を聞いていて、
そんな中にもある共通点は、

みなさん、

"自分の心地よい"

を知っているという事。



やり方は違ってもいい、

正しいとか、間違っているとか、

そんな概念は必要ない。



思考錯誤しながら、

自分の"好き"や"大切"に思う事を、
まずは大事にする事
が、
結果として周りとも心地よいを共有できるんだ、
と改めて実感させてくれるお話でした。


ライフオーガナイザー®︎でも、
最初から暮らしが整っているわけではなく、
悩み、苦しんだ経験があって、今があるんだなと思うと、
がんばってもすぐリバウンドしたり、
子どもに怒りをぶつけて片づけさせたりしていた過去を思い出し、
私だけじゃないんだなぁと安心しました(笑)



また、印象的だったのは、
みなさんうまくいかなかった時は、
家族の為とか、ご自身ががんばりすぎていた為だったということ。



妻として、母として、気持ちがあるが為に、
当たり前と思っている事ががんばりすぎている事って、実は多いのでは?


あなたにとって
大事なコト、モノは何ですか?
好きなコト、モノは何ですか?


この質問、意外と難しいと思います。


でも、これを機に考えてみると、
どんな暮らしがしたいのか、
少しずつ見えてくるような気がします^ ^


何より、好きなコトについて考えてみるのは、楽しい!ワクワクする!


その時は、ぜひ、ノートか何かにメモを残してみて下さいね^ ^

好きなモノやコトが思いついた時にどんどん書きとめて、好きを集めてみてください♪

きっと、ご自身を知るヒントになるはずです╰(*´︶`*)╯♡

読んでいただき、ありがとうございました。


最後に、、、

チーム受付と、悲願のチャリティ参加に喜ぶワタシ。

[