暮らしの地図

手帳と文房具を愛する、新米ライフオーガナイザーのキロク

ダイソーの毛玉取りを買ってみた!


名古屋在住ライフオーガナイザー®︎山田りえこです。

意外といい!との口コミを見て、去年から気になっていたダイソーの毛玉取り

ついに買ってみました!


目的は主に子どもの服。


100円だし、失敗してもいいように、
毛玉だらけで処分しようかなと思っていた、子どもの靴下でお試し(*´∀`*)

…しようと思ったら、子どもがやってました(^^;;


『新品みたーい!』
と喜んでおりましたが、新品みたいではありません。。。


左→毛玉取り後 右→毛玉取り前

結構キレイになってる!



よかった所、残念な所

〜よかった所。〜

・意外と取れる。(子どもの靴下など、小さい範囲なら)
・安い!(税込108円)

〜残念な所〜

・音が大きい。(ジジ〜〜!という私には結構耳障りな音です。)
・色が微妙。(ピンク、黄色、青)


無難に白があったらよかったな。


ちなみに私自身は、毛玉取りは、電動ではなく、ブラシタイプを使用しています。
でも、やっぱり電動毛玉取りのごっそり感を見ると、欲しくなりますね〜〜(*´∀`*)さすがにこれでは大人のセーターは範囲が広すぎますよね。



初めて使った、電動毛玉取り。
一年越しに手に入れましたが、買ってよかったです(^^)
(しかも、予想外に、子どもが自分でやってくれるから楽!)


読んでくださり、ありがとうございました。


ぽちっとしていただけるとうれしいです。             

  ☟  ☟  ☟

     
にほんブログ村

 

先輩ライフオーガナイザー®︎の講座に行ってきました。

f:id:kurashinochizu:20171206112138p:plain


名古屋在住ライフオーガナイザー®︎山田りえこです。


先日、ライフオーガナイザー®︎の先輩、森麻紀さんの自宅講座を受講しました(^^)


ライフオーガナイザー®︎は、
『みんな違ってみんないい』 という考えのもと、自分の暮らしが心地よくなる為に、様々な工夫をしている方がたくさんいます。(^^)
麻紀さんのブログでもそれらを拝見していましたが(麻紀さんのアイデアをわが家でもちょいちょい頂いてます♪)、実際に伺えるなんて♪と楽しみにしていました。



明るく暖かい雰囲気のお宅に、また、ブログで拝見していたあれやこれに、テンションの上がる私たち一同(笑)


麻紀さんが、現在の暮らしの出来上がるまでのお話や、実際どのように暮らしておられるのか、なぜこのようにしているのか、など、収納を見ながら説明していただきました。


ただただ感心。。


至る所、と言うか、全てにおいて、ご自身とご家族の事を考えられた仕組みになっており、驚きの連続でした。


麻紀さんのお話を伺いながら、
自分だったら、わが家だったらどうするかな、どうできるかな。と頭で考えていたら、ワクワクしてきました(*´∀`*)


ライフオーガナイズを学んで変わったのは、
”自分にとって心地よい”を考えられるようになった事です。

以前の私だったら、他のお宅の素敵なところを見たら、『〇〇だから、わが家はダメだ』
とか、『〇〇じゃないから、わが家には無理だ、私にはできない。』
と、できない理由を探していました。

しかし、今では自分目線で、このアイデア、やってみよう! わが家だったら、この考え方をどう参考にできるかな。と、できる方法に自分の意識を向けられるようになってきたかなと思います。(もちろんいつもではありませんが(^^;;)


まだまだオーガナイズ発展途上中のわが家。
モヤモヤがあちこちにありますが、焦らず、一つ一つと向き合って、自分らしい、わが家らしい暮らしを見つけていきたいなと思いました☆


読んでくださり、ありがとうございました。




ぽちっとしていただけるとうれしいです。             

  ☟  ☟  ☟

     
にほんブログ村

 

私の手帳の使い方〜2018〜

名古屋在住ライフオーガナイザー®︎の山田りえこです。

2018年の手帳は、
セパレートダイヤリーです。
その名の通り、上下2段にセパレートになっています。


(昨日の記事に書いています→こちら)

セパレートダイヤリーのGOOD POINT❗️



*シンプルなデザイン、文字
線の細さが品良く、主張しすぎない感じで使いやすそうです。
色づかいも控えめでGood☆

*滑らかな紙質
白すぎず、黄色すぎない紙の色。
ペン(シグノ0.28と0.38愛用)の滑りもよく裏抜けも気になりません。

[

*リフィルだけで販売している。
カバーもたくさんありますが、残念ながら本革のものはありません。
しかし、リフィルのみで販売しているので、カバーは別で買うこともできるのがありがたいです。

今年の手帳に必要な3つの項目。


必須その① マンスリー

1ヶ月の予定を一度に見渡す事が出来るマンスリーは必須です。

1か月の流れを把握しやすいので、手帳はマンスリーのみで充分。という方も結構おられるのでは?


セパレートダイヤリーにも、もちろんマンスリーはあります。
面白いなと思ったのが、上の段にマンスリー12ヶ月分というのではなく、交互に上の段であったり、下の段にあるんです。

その為、2月と3月のマンスリーを一度に見たり、

3月と4月を一度に見たり出来るんです!



1か月先を見ながら計画を立てることって、
結構あると思うので、とても便利です(^^)


必須その② ガントチャート


ガントチャートとは、プロジェクトの管理や、計画を立てる時に使うと便利な表のようなものです。

1ヶ月が、横にズラッと書かれています。
仕事にも使えるし、大掃除や、家事計画なんかにも使えます。


(こんなイメージです。)

これは、いつまでに、何をやらなければいけないのか。を整理するために使いたいと思っています。
これを使うことで、やる事を細分化し、計画を立てて実行できればいいなと。
常にギリギリガールズの私には、大きな課題です(^^;;



必須その③ デイリーorメモスペース

その日のto do リストや、買い物リスト、ふと思い立った事などなど、何かしら書きたいので、毎日のメモスペースは必須です。

これをマンスリーに書いてしまうと、
ごちゃごちゃしてしまうので、マンスリーには、あくまでスケジュールのみを記入するようにしています。

この手帳のお気に入りポイントでもあるこのデイリー。

通常セパレートタイプは、週間バーチカルが多いと思うんです。
バーチカルが使いこなせない&スペースが足りない私にとって、デイリーがあることはかなりポイントが高かったです。

しかもバーチカルに憧れている私。
このデイリーには、時間軸が書いてあるので、バーチカルの練習もできます(笑)

その他、この手帳には、『ドリームシート』という名の夢や目標を書くページや、
モチベーティングシートという、名言や格言を書いておけるページがあります。

どちらも、書いてみようかなと思える程度のスペースである事、万が一書かなくてもいいか、と思える枚数なのが嬉しいところ。

書く事が決められているページが多すぎると、少し負担に感じてしまうので、ちょうどいい塩梅です(^^)


そして最後に、メモページは、上半分に13枚ほど。
多すぎず、少なすぎず、といった感じです(^^)




初めての手帳、新しい手帳。

ワクワクしますね〜(*´∀`*)



読んでくださり、ありがとうございました。




ぽちっとしていただけるとうれしいです。             

  ☟  ☟  ☟

     
にほんブログ村

 

手帳好きな私が選んだ2018年の手帳はコレ❗️




名古屋在住ライフオーガナイザー®︎
山田りえこです。

とにかく手帳が大好き!もはや趣味の私。

そんな私が、来年の手帳か決まるのに、ここまでギリギリになったなんて、今までで初めての事です。

(暑苦しいほどの手帳愛を語った過去記事はこちら↓)

手帳好きの手帳事情2017
こちら→その①


手帳活用法 その1
こちら→その②

愛用手帳 その2。 とにかく書く。
こちら→その③

愛用手帳その3、頭とココロを整理する。
こちら→その④





手帳会議(*)はもちろん8月から始まり、
ほぼ日手帳の新しい情報が少しずつ解禁されるのを毎日楽しみにしていた私です(*´∀`*)


しかしながら、手帳会議は難航を極め、
何度も何度も考え直しを繰り返しながら、
やっと決まりました。

(*来年の手帳に書きたいこと、使いたい手帳、用途などなどについて黙々と1人書き出し会議する事です。手帳好きの間ではお馴染みの言葉。のハズ)



そもそも決まらなかったのには今までとは違う手帳選びに対する条件がありました。


手帳好きとは、手帳そのものが好きなので、複数持つことには抵抗はなく、
また、好きな手帳を使いたいがために、用途を後付けで考える。
なんて事もあるワケでして。


しかし今回は、手帳を使う目的を第一条件にしたんです。

その条件とは、時間管理、スケジュール管理に特化していること。



ライフオーガナイザー®︎として仕事をしていく上で時間管理がいかに重要か、痛いほど実感する毎日です。


来年こそは、苦手な時間管理、スケジュール管理をできるようにするツールとして、大好きな手帳を使おうという訳です(^^)



前置きが長くなりましたが、選んだ手帳はこちら。



ジャン❗️





セパレートダイヤリーです。
(商品ホームページはこちら)


こちらに決めた理由、詳しい手帳の説明などは、長くなりますのでまた明日。。(*´∀`*)
熱く語ります(笑)




読んでくださり、ありがとうございました(^^)


LINE@始めました❗️
ご登録頂けると、講座やイベント情報の発信や、お得なクーポンの配信もあります♪

[https://line.me/R/ti/p/@jdt6862y:title=]


ぽちっとしていただけるとうれしいです。             

  ☟  ☟  ☟

     
にほんブログ村

 

ど素人が、カメラ講座を受けてみた!

ライフオーガナイザー®︎の山田りえこです。


先日、先輩オーガナイザー®︎香村薫さんにお声掛け頂き、カメラ講座を受けました。



場所は、薫さんのご自宅(別名パワースポット)
受講前から、カメラの腕が上がったのかな?
と錯覚するほど、どこを撮っても絵になるステキハウスです(*´∀`*)

f:id:kurashinochizu:20171205215130p:plain


カメラに関しては何の知識もなく、
かろうじて子どもを撮るために買った、
一眼デジタルカメラを持っている程度です。


今回教えてくださったのは、河原未奈先生。


今まで、何も考えず、何となくの感覚で撮っていた写真ですが、


” 光”、”構図”、”何を伝えたいのか”


これらを考えて撮る事で、
写真はグッと変わる!というお話は、超初心者の私には、とても印象的でした。


(そもそも、カメラ自体の使い方もままならないというダメっぷり(><))



意識するポイントを教えて頂いたので、
まずは、できるところからひたすら練習したいと思います!



生活感満載、オシャレ度0のプラスチックケースとハンドタオルが、、、


f:id:kurashinochizu:20171205214750p:plain


こんなにステキに撮れました〜(*^_^*)

これから毎日練習します!

子どもの食器、どこにしまう?


ライフオーガナイザー®︎の山田りえこです。


子どもが〇〇できるように、、、と考えて、
物の配置や収納方法を考える方も多いのではないでしょうか。


食器やコップもその一つかと思います。


『喉が乾いた時に、子どもが自分でお茶を飲めるようにコップは手の届くところへセット。』


これをやりたくて、わが家も考えたこともありました(^^;;


でも、やらないまま、今に至る…

その訳は?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
収納の優先順位を考えてみたら




わが家は基本、
朝も夜も私が一気にトレイにコップをドン❗️
と乗せて、運びます。


お手伝いしてもらう時も、トレイに乗せたものを渡す感じ。


手の届く場所に、子どものものだけ分けることが、果たしていいのか。。?


と思った時に、このままでいいかなと思いました(^^;;



朝晩のコップの用意は必ず必要だけれど、
こどもがお茶くださいっていう時って、
たまにしかないんです。
(娘は大体水筒のお茶を飲んでいるし、息子も娘のを飲んでいます(^^;;)



そして、もし、子どもが自分でコップを出してお茶を飲もうとした時、できる方法があるんです。



それはコレ。↓



食器棚横に置いてある小さなイス。



これに乗れば子どもでもコップをここから取り出すことができます。



頻度を考えても、わざわざ子どもに合わせるよりも、子どもにひと手間かけてもらった方がいいかな。と思ったのでした(*´∀`*)





読んでくださりありがとうございます。

読書の秋。


先日とある場所で、小さな栗を拾いました(^^)
ここの所気温が高い日が続きますが、やはり秋ですね(^^)





読書の秋を子どもと楽しむ!




本の大好きな私と娘。


定期的に図書館へ通い、3人分のカードで、一度に18冊まとめて借りてきます。





本を買うとなると、どれにしようか、あれこれ悩む物ですが、図書館だと、”面白そう♪”
と思ったらどんどん借りられるのがいいですよね。


季節に合う話の本はなるべく借りるようにしています。
まぁ、そういった本は人気で、貸出中の場合も多いですが(^^;;


手に取りやすい仕組みをつくる。



図書館の本を18冊ともなると、かなりの量に!
(持つのも限界)



家の本と一緒にならないように、専用の収納場所を用意しています。

といっても、

無印良品のファイルボックスに入れるだけ。


(*以前とリビングのおもちゃ収納が変わっています)



定期的に入れ替わる本なので、なるべく手に取りやすく、出し入れもしやすいシステムにしました。

うっかり母さんにも優しいシステム




『あれ、返却日いつだっけ?』

と思った時にすぐ確認できるため、また、

『えーっと、図書カードどこだっけ?』
をなくすため、それらを一緒にクリップでまとめ、ファイルボックスに挟んでいます。



これで、本をまとめて、カードを持って、返却しに行く流れがとてもスムーズ!




こんな感じで、わが家は図書館の本たちが、リビングのVIP席にセッティングされています(^^)




ちなみにこちら、




なぜここへ、レジスターのおもちゃが一緒に収納されているかというと…



『借りる方どうぞ〜、こちらでピッしてからお願いします。』



と、わが家の図書館司書(4歳息子)が使うためですf^_^;
(早く読みたい姉と、いちいちレジを打つまで待たせる弟で、ケンカ勃発(-_-;))





読んでくださり、ありがとうございました。




ぽちっとしていただけるとうれしいです。             

  ☟  ☟  ☟

     
にほんブログ村

 


《次回のはなし場のお知らせ》

〜自宅の収納の悩むを解消しませんか?〜

今月は、【こどもふくの管理法】 がテーマです。




* お下がりや頂き物がたくさんあるけど、多すぎて管理できない!

* 子どもに自分で着替えをして欲しいけど、どんな収納、仕組みがいいの?

*中途半端なこの時期、クローゼットがぐちゃぐちゃでどうにかしたい!


そんな、具体的な悩みも、私たち暮らシスターズとシェアして、モヤモヤ解決の糸口を探しましょう♪





詳しくはこちら→☆☆☆おやこ かたづけのはなし場 - こどもの片付け
お申し込みはこちらから→☆☆☆申し込み・お問い合わせ - こどもの片付け